www.pitapanevansville.com

-

-

ここでは為替の市場に関するベーシックな事柄に関するお話です。為替市場というのは「自分でキャッシュの送金をなすことなく資金の受け渡しの行為を成し遂げること」です。概ね為替というものは大体外国為替の事を言及するという場合が大半です。外為を簡潔に説明すると二つの国のマネーのやり取りのことを指します。他の国へ旅行(スペイン、韓国、タイ、アメリカ)をしたことがあれば、ほとんどの方が外為の体験をしたことがあると思います。銀行窓口にて外国の金銭へ換金をすればそれがまさに為替になると思います。為替の相場といえば、買おうと思っている人と売り手の価格を意味したものです。銀行同士の間での取引の末に決まります。その銀行はマーケットメイカーと呼ばれる指定のたくさんの銀行です。為替の相場は種々の余波を受けながら休む暇なく徐々に変化します。相場を変えて行く要因として、ファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズが示すのは経済状況、経済の土台やいろいろな要因のことを指します。各国の経済の拡大や景気状況、物価の変動、通貨政策、失業者数、要人発言など複数のことが影響し合って為替相場は変動し続けます。とりわけ外国取引の収支と無就業者数は重要ポイントなのです。貿易収支というのは日本でいうところの財務省からの委任で日本銀行が貿易の統計を使って取りまとめた他の国とのある日数の経済の取引を記したものです。経常収支は中央省庁や日本銀行のHPなどで開けます。就労者の統計、失業者の数もチェックされることが多い要素であると言います。中でも米の労働者の統計はポイントとなります。月に一度発表され、調査の対象が広範なところが特徴です。為替相場の推移は経済の推移と言えるでしょう。国の経済の状況を読むことによって為替レートの状況推測が可能になると言えるのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pitapanevansville.com All Rights Reserved.